秋冬新作アイテム

商品カテゴリ一覧 > ゆかた屋つゆくさ 有松絞り浴衣2018 > 大人のゆかたプチ講座 > ゆかたの畳み方

浴衣のたたみ方

一般的なきもののたたみ方【本だたみ】をご紹介いたします。ゆかたや小紋、紬など、和服の基本のたたみ方になります。たとう紙や衣装包みの上でたたむと、しまいやすいです。
つゆくさオリジナルたとう紙はこちら>>
衣裳敷紙はこちら>>
うこん色の衣裳包みはこちら>>



【1】頭の方を左にしてゆかたを置き、まず手前の脇縫いを折ります。



【2】おくみの縫い目を手前に折り返し、衿を内側に折ります。



【3】上前(向こう側の身頃)の衿先と衿下を持って、手前に引き寄せ、
   下前(手前側の身頃)に重ねます。(すその方から衿の方へ重ねます。)



【4】上前の脇線を両手で持ち、手前に引き寄せ、下前の脇線に重ね、
  袖もきちんと重ねます。



【5】左袖(上になっている袖)を袖付けで折り、身頃の上に重ねます。
  右袖(下になっている袖)は、身頃を返して外側に折ります。

  

【6】裾を持ち、身頃を折って二つに(たとう紙にサイズに合わせて)
  たたみます。たとう紙に入れて、または衣装包みに包んでしまします。

現在登録されている商品はありません