浴衣


 


商品カテゴリ一覧 > お仕立て・加工のページ > 寸法の測り方

寸法の測り方

〜裄丈、着丈(襦袢丈)、羽織丈の測り方〜


ゆかた屋でご紹介の着物や浴衣は、すべて反物からお仕立てをさせていただきます。
はじめてお着物をお仕立てされる方は、身長・ヒップサイズ・裄丈をお知らせ下さい。
そちらのサイズから、寸法を割り出して、お仕立て致します。

また、長襦袢、羽織をおあつらえご希望の方は、着丈と羽織丈を必ずご連絡ください。
測り方は、スクロールしてご覧ください。



【裄】のはかり方

背中心から、手首のくるぶしまでの長さが「裄」です。
メジャーを用意し、お友達、だんな様などにはかっていただきましょう♪

【1】まず、手を45度に上げます。
   首の後ろの、中心のぐりぐり
   したところにメジャーをあて、
   肩山にそってまっすぐ測ります。
   
【2】肩山で一度とめ、左手で押さえ
   ながら、手首のくるぶしの
   ぐりぐりしたところまで
   まっすぐはかります。
   (ちなみに店長は身長150cmで
   裄64cmでした!)

もしも「測るのはメンドウ。」「測ってくれる人が近くにいない!」という
場合は、お選びいただいたサイズ表の裄のサイズ、またはご身長より
割り出してお仕立ていたします。(注文フォームの記入欄は空欄のままでOKです!)

※通常裄は、生地巾の関係上裄70〜71cmが最大となります。(72cm以上の方は、
生地巾いっぱいにお取りいたしますが少々短めとなる場合がございます。)


【着丈(襦袢丈)】のはかり方

背中心(首の後ろのぐりぐりした部分)から、足のくるぶしまで、
体にメジャーを沿わせながら、まっすぐにお測り下さい。
(男性のゆかた・きものの丈も、こちらの長さになります)。

【1】
   首の後ろの、中心のぐりぐり
   したところにメジャーをあて、
   まず腰まで体に沿わせながら、
   まっすぐメジャーを進めます。
   
【2】
腰で一度止めて、片手で押さえ、
腰から足のくるぶしまで、まっすぐ
測ります。

もしも「測るのはメンドウ。」「測ってくれる人が近くにいない!」という
場合は、ご身長より割り出してお仕立ていたします。(注文フォームの記入欄は
空欄のままでOKです!)


【羽織丈】のはかり方

背中心(首の後ろのぐりぐりした部分)からまっすぐ測ります。

首の後ろの、中心のぐりぐり
したところにメジャーをあて、
そのまままっすぐ下におろし、

姿見を見ながら、お好みの丈の
長さを決めます。

長めの丈の『長羽織』がおすすめです!(長羽織に飽きたら普通丈にもできますので……)
ひざ下のあたり(背の高い方はもう少し長めでもOK)が、バランスがいいです。


現在登録されている商品はありません